FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まほうつかいになりたかった女の子の話』 その4

2009年05月02日 14:45

このお話もようやく最終話。
イラストも描いてみたので、併せて見てみてくれたら嬉しいです。

今北さん用あらすじ
・魔法使いの小屋でローブを着たら、脱げなくなっちゃいました。
・訳が分からないまま、口から出たのはメダパニの呪文。
・弟は混乱してどっか行っちゃって…え、あたし魔物になってる?

はじめから読む人は→1話へ

×   ×   ×

そう、それは魔物。
[『まほうつかいになりたかった女の子の話』 その4]の続きを読む

『まほうつかいになりたかった女の子の話』 その3

2009年04月30日 00:56

世の中には”窒息萌え”っていう世界もあるんですよね。

主人公が危機的状況に直面してテンパっている様子を愛でる、
という意味では通じるものもあるんじゃないかとか、
それはちょっと暴論じゃないかとか、
前回のパートを書きながらそんなことを考えてました。

まあこのお話ではヒロインは窒息死にまではいたらないんですが、
そのかわり違うモノへと引きずり込まれてしまうわけで。
そんな第3話。

今北さん用あらすじ
・魔法使いが住むという森の小屋を訪ねてみたら、留守だった。
・そこにあった魔法っぽいローブを着たら、なんか脱げなくなった。
・窒息しかけて死にかけて、なんとか助かったけど……あれ?

※初めから読む人は→1話へ

   ×   ×   ×

ケチャは、呆気に取られていました。
[『まほうつかいになりたかった女の子の話』 その3]の続きを読む

『まほうつかいになりたかった女の子の話』その2

2009年04月25日 01:05

※4/27追記――――――――――――――――――――――
 抜けていた部分(どんなに裾をまくろうとしても~以下)を補完。
 どうもすみませんでした。
―――――――――――――――――――――――――――

肥満化スレの動きが活発でとても嬉しい今日この頃。
SSもイラストもいちいちクオリティが高くて、
毎日のぞきに行ってはオカズと刺激を頂いております。

そんなこんなで第2話をお送りいたします。

今北さん用あらすじ
・魔法がつかえたらなあと夢見る少女・ジル。
・ある日、弟から西の森で魔法使いにあったという情報が。
・そんなわけでそいつがいるらしい森の小屋までやってきたのだ

はじめから読む方はその1へどうぞ。

   ×   ×   ×

「あ、あれだよ!」
[『まほうつかいになりたかった女の子の話』その2]の続きを読む

『まほうつかいになりたかった女の子の話』その1

2009年04月21日 01:30

では、前回申し上げたとおり、まずは第1話を。
涙目王女とかと違ってそんなに長い話ではないので、
お気軽にお付き合いいただければ幸いです。

※オリジナルキャラクターを使いつつ、
一応DQネタになっております。
知らなくても差し支えなく読めるように書くつもりではありますが、
多少の固有名詞はご容赦ください。

   ×   ×   ×

――魔法が使えるようになりたい。
[『まほうつかいになりたかった女の子の話』その1]の続きを読む

ぅゎょぅι゛ょっょぃ

2009年04月19日 01:07

jil.jpg

こないだ、子供(シャル)を描いててよく分かったんですが、
私の描く人間って、もともと頭身がちょっと大きめなんですよね。
だからいざ子供を描こうと思っても、なかなかそれっぽくならない。
練習がてらオリジナルの女の子を考えてみたんだけど……

うーん、どんなもんだろう。

[ぅゎょぅι゛ょっょぃ ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。