FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『獣化計画進行中』 前編

2009年05月22日 08:14

いつもと違うものを描いてみるのはそれなりにしんどいけど、
楽しいしいろいろと勉強になるです。
初心に帰る的な意味でも良かったのかも。
というわけでお待たせしました。

猫です。

※変身前の姿はこちら
   ×   ×   ×

「すいません、新製品の試食アンケートなんですけど」

久々に訪れた渋谷の町で、
その女はやけに陽気に声をかけてきた。
仕立ての良いスーツと派手なハッピに身を包んだ姿は
はっきり言ってかなり怪しかったが、
ハッピに書かれた『TFドーナツ』の文字が、
あたしの足を一瞬――ほんの一瞬、止まらせた。

「ご協力、いただけますか?」

女はすかさず満面の笑みで応えた。

――まあ、いいか。

そう思った。
みんなとの待ち合わせまではしばらくあるし、
それまで特にやりたいことがあるわけでもないし。
何より、ドーナツと聞いてスルーしちゃうのは、
あたしのポリシー的にちょっとありえない。
そう、思った。

3分後に後悔した。
その場で試供品をくれるのかと思いきや、
連れ込まれたのは道玄坂の路地に佇むちいさな雑居ビル。
女は上機嫌だったけど、あたしは心のバリアを最大レベルにして、
さっさとここを立ち去ることばかりを考えていた。

「宗教とか、やんないからね」
「ええ、もちろん」
「契約もしないし、何も買わないからね」
「もちろんもちろん」
「あたしのお父さん、警察官だからね」
「ご立派な職業ですね」

何を言っても、女の表情は少しも変わらない。
最後のはウソだけど、ちょっとは牽制になったかな?
そんな感じでずっと気を張っていたものだから、
いざドーナツが出てきた時はちょっと拍子抜けした。
ちょっと小ぶりな、何の変哲もないシュガーレイズド。

……普通に美味しそうじゃないか。

「TFドーナツでございます」
「……」
「どうぞお召し上がりください」
「試供品よね?」
「ええ」
「買うんじゃないからね?」
「もちろんですとも。
 それは無料です。差し上げます。
 もしお望みなら誓約書だって書きますが?」
「……」

なら、まあ、いいか。
そう思った。
単に予算がしょぼくて、
こんな場所しか借りられなかっただけなのかも。
そう、思った。

「いただきます」

そうして、ドーナツを一口、かじって。
普通に美味しくて、ふわりと香る不思議な匂いも、
なんだかちょうどいいアクセントに思えて。
そして、飲み込んだ次の瞬間にそれはやってきた。

寒気?
暑さ?
いや、その両方が同時に、胃袋から体中に広がっていく感覚。
全身の毛穴という毛穴が粟立ち、同時に妙な音が響きだす。

ぱきぱき。
ぱりぱり。
ごりごり。
みしみし。

それが自分の骨がきしんでいる音だと気付くまで
ずいぶん時間がかかったような気がする。
耳の軟骨などは変化のスピードが早く、
気付いた時にはすっかり人のそれではなくなっていた。
靴の中で両足がおそろしく膨れ上がり、
つま先を突き破ってその異様なフォルムをあらわした時、
あたしの恐怖はようやく”悲鳴”になった。

「フギャァアアアアア――――ッ!!
 フ……フギャッ!?」

その悲鳴すら、あたしの想定した物とは違っていて。
これは――あたしの声じゃない。
人の声じゃない。
そう、これは獣の声。
喉元に手をやった時、
頭の中で先ほどのドーナツの記憶が激しくまたたいた。
口に含んだ瞬間感じた、あの違和感。
あの、不思議な匂い。
あれが――あれがいけなかったんだ――!
反射的に口の中に手をつっこみ、吐き戻そうとする。
でも、指の大半が短く縮こまり、
鋭い爪の生えてきている右手は思ったように動かない。
なんども繰り返しチャレンジして、
吐き気の破片もわきあがらず、焦りばかりが空しくつのっていく。

「カ――カ――カ――クカッ!」

どんなに必死になっても、
口から出るのは透明な唾液と乾いた妙な音ばかり。
どうしようどうしようどうしよう。
間に合わない間に合わない間に合わない。
あたしあたしあたし――変わっちゃう!
人間じゃ、なくなっちゃう!

床に突っ伏し、変わっていく自分におののく私を眺めながら、
女は嬉しそうにメモをとっている。

「接種後3分で四肢先端変形、なかなか順調ですね」

小さく笑って、女はデジカメのフラッシュを焚く。
それに怒りを覚える余裕すら、
その時の私には残されていなかった。

cat.jpg


つづく

   ×   ×   ×

「かわいいものをかわいく描く」
それだけのことが、なんでこんなに難しいんだろう。
改めてちゃんとした絵師の皆さんに尊敬の念を覚えました。

後編はこちら


いつか猫になる日まで (コバルト文庫)いつか猫になる日まで (コバルト文庫)
(2005/04/28)
新井 素子

商品詳細を見る

コメント

  1. ガロン | URL | iwIyBg/Q

    可愛い半猫になりましたねw
    彼女がこの後どうなる事やら...w
    TFドーナツ食べて見たいですねw
    猫しか無いのかな?

  2. | URL | LkZag.iM

    Re: いつもと違うものを描いてみるのは

    続きが楽しみ~

  3. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: いつもと違うものを描いてみるのは

    コメントありがとうございます。

    >ガロンさん
    ドーナツの効用は個人により様々です。
    眠っているジャンクDNAを活性化させてどうこう、みたいな
    エセ科学商品なんだと思う。

    >05月26日 03:58コメントの方
    恐縮です。
    なるべく早くお届けできるように頑張ります。

  4. ゴゴT。 | URL | Xj9pzKFI

    Re: 『獣化計画進行中』 前編

    「猫かー。たまにはこう素直に可愛い(?)TFもいいですよね。
     豚に一票入れさせてもらった身ですが、
     むしろ猫に決まって良かったかなーとも思います。
     恐怖と共に変化を描く部分も深刻ながらシンプルあっさり風味で」
    ……という程度の浅い感想を、前編を読み終わった直後は思ってたんです、が……w

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. greenback | URL | -

    Re: 『獣化計画進行中』 前編

    >ゴゴT。さん
    昔はこの位でも充分だったはずなんですけどね。
    いつからでしょう、
    これが薄口に感じられるようになっちゃったのはw

    >05月30日 12:43コメントの方
    あ、ほんとだ。
    修正しておきました。
    ご指摘ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenback.blog116.fc2.com/tb.php/112-27e2b2f2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。