FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DQ9 を てにいれた!

2009年12月27日 22:02

いろいろあってようやく入手。
いやはやキルミンで今さらとか言ってる場合じゃないですな。

賛否両論あるみたいですが、
その議論にすら参加できないのはやっぱり寂しいもんですし、
とりあえずのんびり始めてみることにします。
とはいえ、まだ何にも分かんないので描ける素材もないわけで、
過去作ネタでお茶を濁しつつ、
2009年のへんなかがみを締めさせて頂きましょう。

dronuba.jpg

5より、ド○ヌーバ化するフ○ーラさんです。
花嫁に選ばれなかった方が、
モンスターにTFしてパーティーに紛れ込むという設定。
『まほうつかいになりたかった女の子の話』の時に
カギヤッコさんとやりとりしながら出てきたネタですね。
俺の嫁は何がなんでも幼馴染みなので、
必然的に彼女に変身していただくことになりますw

変身する所を描いておいてあれですが、
個人的にはむしろこの後のシチュエーションが肝なんですね。
なんとか仲間モンスターとして行動を共にするも、
嫁とイチャイチャする主人公にジェラシーを募らせる彼女。
ついに想いあまってこの身体のまま迫っちゃうも、
当然「女」として見てもらえるはずもなく、
やがて馬車組、ついにはモンスターじいさんに
預けられることになってしまいます。
とうとう嫌になった彼女は実家に帰ることを決意。
数ヶ月ぶりに変身を解除しようとするも
「あ、あれ、なんで戻れないの?」
……というお約束。

閑話休題。
このネバネバ系TF、海外だとLatexとか言うみたいですけど、
最近はこっちでも上手な方が登場して人気を集めてますね。
独特の拘束感と「気持ち悪良い」感じが大好きなので
もっともっと普及しちゃえばいいと思います。

コメント

  1. | URL | JalddpaA

    Re: DQ9 を てにいれた!

    元の姿に戻れなくなりモンスターの姿で街に入るわけにも行かず途方にくれるドローラだったが、主人公が真実の姿を映し出すという魔法のアイテムラーの鏡を持っていることを思い出し、急いで主人公達のところへと向かう。
    だが、幼馴染の嫁は挙動のおかしいド○ヌーバの正体が自分と主人公をとり合った金持ちの腹黒令嬢だと見抜いていてこれ以上ハネムーンの邪魔は許さないとラーの鏡に細工をしておく。

    夜、主人公たちが寝静まった後、ドローラは鏡に細工がされてるとも知らず馬車の中の道具袋の中からラーの鏡を盗み出し近くの森の中で元の姿に戻るために自分の姿を鏡に映す。

    だが、嫁の細工により呪いの鏡と化していたラーの鏡はドローラの姿を顔こそは元のフローラだが体は筋骨隆々の男の身体にブーメランパンツを纏うだけの変態チックな怪人エリミネーターへと変えてしまう。
    「い、いや!嫌あぁぁぁぁーーっ!!なんですのこの身体は!?」


    って感じでその後を箇条書きで妄想してみましたwww
    モンスター化+男体化なんていかがでしょうか?

    「あらあら、素敵な身体ねフローラさん。
    私の主人公を盗ろうなんて考えてるから天空の神様の罰が当たったのかしら?」

    「ビ、ビアンカさんこれは貴女の仕業なの!?」

    「いやーね、人聞きの悪い。貴女、私を追い落として主人公君とよろしくやろうと思ってたんでしょうけど、そんなぶっといチ○ポの付いたムサイ男モンスターの身体になっちゃったら、もう、彼とエッチできないわねww」




    このあと、ビアンカに「パーティーのアタッカーが不足してるからエリミネーターとしてパーティーに加わりなさい。逆らえば元の姿には戻さないわよ」と脅され、正体を隠すための覆面をかぶせられ昼はパーティーのアタッカーとして夜はビアンカのおもちゃとして扱われるのであった






    「今日はフローラはよく頑張ったから私のエッチな下着姿でセンズリをコクことを許可してあげるわww」



    とかとかやっぱり男体化したらセンズリですよねー(終)

  2. 現在樂識 | URL | -

    Re: DQ9 を てにいれた!

    俺も、嫁はビアンカ派なので、この手のシチュは大好物ですねw↑の続きを勝手に妄想したんですが、

    デモンズタワーで石化したビアンカ、のろいを解ける存在がいなくなったことで、どうしようもなくなり、フローラはビアンカと主人公の間にできた子供2人と、サンチョの旅に同行し、捜索を続けているが……

    「あ、だめ、か、体が……」

    呪いが変調をきたし始めたのか、体は筋肉が発達していき、力の制御が難しくなっていく。

    こっそりと、ビアンカによって、投与されていた力の種が効果を表し始め、筋肉がとんでもないことになり始めてしまっている。

    「ああ、だめ………だめぇぇぇぇ」

    子供と、サンチョが寝静まったあと、人気の無い森の中へと足を運び、性欲を解放していく。

    ちょん、と軽くつっついただけなのに、木は木っ端微塵にはじけとび、歩くだけで、台地に亀裂が走り始める。

    もう、その体は、筋肉の化物と言っても良いだろう。

    腕は、もう女性のウエスト周り2つ分はあるほど肥大化し、足はサンチョのウエスト並に太く、筋肉の集合体でしかない。
    頬には、血管が浮き彫りになり、腹筋は8つに割れ手締まっている。

    「で、出る……でるぅぅぅ!!!!」

    成人女性ほどある巨根から高圧で精液が放たれ、岩に穴を開け、野生のモンスターを貫通して絶命させてしまっている。

    「あぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

    湖面に写る自分の姿を見て、射精しながら、絶望する。
    射精するたびに、体はボロボロになり、変わり果てていく。

    こんな姿のままなくらいなら、もっと別の姿のほうがマシだ……ベロゴンや、ガスタンゴ……もっと醜悪なモンスターになったほうが、心も、捨てれる……


    とか、一瞬で妄想しました

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. 茶 | URL | XiwlzsDU

    Re: DQ9 を てにいれた!

    ドラクエ9には私はかなりはまっています(去年の七月以降は相当な時間を吸われました。今年もやばいかもしれません)。
    greenbackさんにとっても楽しいゲームであればうれしいことですが。

    フローラのドロヌーバ化、実にいいですね。ドラクエのモンスターは顔つきががっちり決まっているものが多いですから、元の顔を活かすのが難しそうに思えるのですが、ドロヌーバに溶けていく過程なら納得です(ちなみに私もビアンカ派です)。
    しかしドロヌーバは、容姿もさることながらデータ的にも実においしいですね。最初に覚えてる特技がおたけびになめまわし、上限レベルはわずか30で育ちきっても万遍なく能力低め……。途中で見切りをつけられてモンスターじいさん送りもつらいでしょうが、早々にレベルアップ完了で否応なしの隠居生活もきつそうな……。

  5. カギヤッコ | URL | /k8K4ErU

    Re: DQ9 を てにいれた!

    フローラ・・・某いたスト以来悪い意味での「個性付け」がされているようで涙ですけど…はともかく、
    やはりこう言う形で変化は宿命ですね(苦笑)
    ドロドロ変化形がより悲惨さを感じますし、ダークではなくても何か切なさを感じます。

  6. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: DQ9 を てにいれた!

    さっそく9でドロヌーバに遭遇できて嬉しいgreenbackです。
    フィールドで見るとまたなんとも味のあるモンスターですなあ。

    〉2009年12月30日 06:12にコメントくださった方
    帰省から戻ってみれば、これはなんというお年玉。
    素晴らしい後日談ですねえ。
    ボリュームも描写も美味しすぎる。
    エリミネーターのマスクにそんな使い方があろうとは。
    おかげさまでドローラさんに愛着が湧いてきてしまいましたw
    今年は時間を見つけてこの人を描いて行くのもアリかもなあ。

    〉現在樂識さん
    さすがの妄想力ですねw
    木々を貫通してモンスターを射抜いちゃう射精ってのは凄いなあ。
    そしてベロゴンとかガスダンゴとか、
    完璧にこっちのツボをとらえてくるセレクトがもうw
    5って、シリーズの中でもこっち寄りの妄想の種になるモンスターが
    とりわけ多いような気がします。
    でも、どんな姿になっても心は捨てさせませんぜw

    〉2010年01月01日 15:26に秘密コメントくださった方
    感想とアドバイスをありがとうございます。
    絵にする時にただのモンスターと
    どう差別化するかっていうのが難しいところですが、
    やっぱり美味しいのは変身「後」なんですよね。

    〉茶さん
    明けましておめでとうございます。
    新しい転職システムに翻弄されながらも、
    じわじわはまりつつあるgreenbackです。
    今作ではスキルポイントの振り分け方が肝なんですね。
    ドロヌーバ変身、喜んでもらえたみたいで何よりです。
    特技のことまでは意識してませんでしたが、たしかに美味しいですね。
    なめまわして喜ばれるんじゃなく、
    鳥肌たてられちゃうってのはたまらないなあw
    とっても参考になりました。

    〉カギヤッコさん
    「まほうつかいに~」の時の雑談から、
    まさかこんなに話が膨らむとは思いませんでした。
    これもすべてはカギヤッコさんの発言から。
    改めてお礼申し上げます。
    いたストは未プレイなんですが、
    やっぱりちょっと黒めのキャラになってるのかな?
    5の時点では圧倒的にキャラが薄いので、
    いろいろと妄想の入りこむ余地があるんでしょうね。
    個人的には今回のことですっかり好きになってしまいましたw

    〉12/29 20:56に拍手コメント下さった米村先生
    ご挨拶いただいたのに返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
    2010年が先生にとって、
    ついでに私にとってもいい年になりますように。
    ますますのご活躍をお祈りしております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenback.blog116.fc2.com/tb.php/145-74b35149
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。