FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さーたんになった日

2008年09月17日 01:01

男 「ね、ねえ、さっちゃん」
女 「あんたにさっちゃんとか呼ばれたくないんだけど」
男 「あ、ご、ごめん」
女 「ったく、馴れ馴れしいんだよ……」
男 「あ、じゃ、じゃあ、さーたんって呼んでもいいかな」
女 「はぁ?」
男 「ダ、ダメかな? さーたんって呼んじゃ」
女 「いやいや、ダメとかそういう次元じゃなくて」
男 「よし決まり! 今日からさっちゃんは、さーたんだ!」
女 「話聞けよオイ! っていうか、ん? やっ、何よこれぇ!?」

sa-tan

   ×   ×   ×


ウルトラ怪獣にあんまり詳しくない俺が、
三月うなぎさんのイラストにすっかり魅せられて描いてみた。
氏はこの怪獣のことを
『ウルトラ怪獣中、最も醜い』と仰ってますが、
ググってみて納得。
たしかにこのデザインはヤバいw
スゴいw
良いwww

そんなこんなで、三月うなぎさんの『変体性低血圧』
該当エントリとトラックバックさせていただきつつ、
リンクまで張らせていただきました。

帰ってきたウルトラマン第19話「宇宙から来た透明大怪獣」より、忍者怪獣サータン化セーラーサターン。...
セーラーサータン


以前からファンだったんですが、
ROM専で……ってそればっかりだな俺。

たしかな画力や豊富なアイディア、幅広い知識に加えて、
軽みのあるブログ作りのセンスは、
へんなかがみが目指すひとつの理想系。

……いや、一朝一夕じゃムリなのはよく分かってるんですが。
せんとくんネタのおまけ漫画とか、ほんと笑ったものなあ。

三月うなぎさん、今回は突然のお願いに快く応じてくださり、
本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


ニックネーム20世紀の100人ニックネーム20世紀の100人
(1999/06)
池田 良孝本間 康司

商品詳細を見る

コメント

  1. K | URL | -

    Re: さーたんになった日

    サータンですか~、なかなか興味深い怪獣ですね。
    鼻からだんだん変化していくところがなかなかいいですね。

  2. 茶 | URL | XiwlzsDU

    Re: さーたんになった日

    これはいいですね。元の理知的な顔立ちや髪型と、醜すぎる変身後の姿、その中間点をうまく切り取っていて(個人的にはこの辺で変化が止まるのが、容姿的にも当人の恥辱的にも一番好みかも……)。垂れ下がって手に持ってる長い鼻もいいですが、頭頂部の禿げ上がりがインパクト強いです。
    ウルトラ怪獣では、作中で人間の女性が変身したメモールや有名なジャミラがいますし、セブンに出てくる各種宇宙人もなかなかグロくて妄想し甲斐がありますが、こちらも強烈ですね。造形と設定や能力のミスマッチも何かすごいものを感じます。

  3. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: さーたんになった日

    >Kさん
    ありがとうございます。
    シーケンスを描いてみた甲斐がありました。

    >茶さん
    中途半端だからこそ恥ずかしいというのはアリですね。
    知り合いに見られたら分かっちゃうレベル。
    誰にも気付いてもらえない、っていうのも
    それはそれで好きなんですけどw

    ウルトラ怪獣で言うと、カネゴンなんかも該当かな?
    なんというか、気ぐるみ独自の造形美ってあるんですね。

    あ、あと、ご紹介いただいたあれ、早速読んでみました。
    もう、ありがとうございますの一言。
    オチのあれもいいんですが、
    個人的には「ケダヌール菌」という存在に魅せられてました。
    村ひとつ全滅したこともあるとか言ってるしw

  4. 茶 | URL | XiwlzsDU

    Re: さーたんになった日

    >誰にも気付いてもらえない、っていうのも
    >それはそれで好きなんですけどw

    私ももちろんその展開はかなり好きで……。小さい頃に読んだ漫画の、少年が猫にされてしまって母親に気づいてもらえず泣きながら足元にすがりつくシーンとか大好きでした。

    >あ、あと、ご紹介いただいたあれ、早速読んでみました。
    >もう、ありがとうございますの一言。

    こちらこそこんなにも早く読んでくださってありがとうございます(私がお礼を言うのも変かもしれませんが)。いいですよね。

    >オチのあれもいいんですが、
    >個人的には「ケダヌール菌」という存在に魅せられてました。

    なるほど、greenbackさんなら当然そっちにも目が向きますよね。私としましては、あれだと最終的に理性がなくなってしまうという辺りが残念でした(いや、理性が残ったままあの姿にというのはもっと残酷な話かもしれませんが)。
    ということもあり、やはり終盤のあれに心惹かれた次第です。二巻以降も刊行されるのなら、随所で羞恥心に身悶えしつつ力を振るう彼女の姿を楽しめそうですし。

  5. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: さーたんになった日

    >茶さん
    ケダヌール化した人の理性に関しては……
    脳内フィルターで残ることになってましたw
    傍目から見たら完全に怪物化してても、
    時おりフッと意識が戻る山月記パターンとか。
    ……なんでこんな必死になってんのか分かりませんけどw

    なんにせよ、「変身」というテーマに
    関心の高い作家さんなんだな、という印象を強く受けました。
    このシリーズでいくにせよ、違うものを書いていくにせよ
    今後とも非常に期待できそうですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenback.blog116.fc2.com/tb.php/49-b560c750
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。