FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなしのテスト

2008年04月24日 13:37

『或るスパイの帰還』

敵国への潜入と情報収集。
私が今まで潜り抜けてきた数々の困難にくらべれば、今回のミッション自体はさして難しいものではなかった。

『以上ガ、敵国ノ現在ノ動キデス。
我ガ国内ニモえりあ32ノ北ニあじとガアルトノコトデシタ』
「なるほど。20日間にわたる特別任務、ご苦労だった」
『アリガトウゴザイマス』
「ははは、まさかやつらも、荷物運びのヤギにスパイの頭脳がインストールされているとは思わなかっただろう。
しかもわが国屈指の美人スパイの、な」
『コウシテ人ノ言葉ヲ話スノモ20日ブリデス』
「ああ、便利な機械だろう、君の脳波を直接言語化して、同時翻訳しているわけだ。
これもまだまだ極秘の技術だがな」
『……デハ、ソロソロ元ノ身体ニ……』
「ん?」
『イエ、デスカラ、元ノ姿ニ戻リタイノデスガ……』
「ああ、そのことなんだがな、君には引き続き、その雌ヤギの身体で生きて行ってもらうことになったんだ」
『……エ? チョッ、何ノ冗談ヲ……ンメェエエエ! ベェエエ!!』
「もうこの装置も必要あるまい。
ちょっとまあ色々あってな、君の身体を返すわけにはいかなくなったのだよ」
『ンメェエエエッ!?』

長官が何を言い出したのか、私には理解しかねた。
だが、次の瞬間部屋に入ってきた女を見て、私の混乱はさらに大きくなった。

「失礼します……あらそのヤギ、もしかして」

あれは――私?

「ええ。彼女ですよ、シャルロットさま」

落ち着け。落ち着け。落ち着け。
シャルロットって……聞いたことがある。
たしか機関のスポンサーになってた貴族のワガママ娘で――

「あはっ、お仕事ごくろうさまでした。
コールドスリープ状態になってるあなたの身体見てたら、どうしても欲しくなっちゃって。
ごめんなさいね。
お父様に頼みこんで、私が使わせてもらうことにしたの」
「分かってくれたまえ。
そして君は、いささか知りすぎたのだよ。
どのみち、そろそろ口を封じねばならん段階にきていた。
命を落とさずに済んだだけ、幸せだと思いたまえ」

そんな。
そんな、バカな。
どうして私がこんな目に?
国のために、機関のために必死で働いてきたこの私が、どうしてあんなバカ娘のために!?

『メエッ!? んベエエッ!!』
「ふふ、知ってたんだから、あなた、私のことバカにしてたでしょ。
ブスでワガママな貴族のバカ娘って。
いいのよ、許してあげる。
どうせもう、謝罪も悪口も言えないものね――永遠に。
きゃははははははははははッ!!」
『ンべエエエエエエエエェぇエエエえッッ!!』
――――――――――――――――――――――――――

ヤギって可愛いイメージもあるのかもしれませんが、greenback的にはけっこう怖いというか、気持ち悪いイメージでお送りしてます。
匂いとかも、けっこうきつそうですし。
幼少期、動物園の「ふれあいコーナー」みたいなところではじめてヤギに触れて、なんか妙に寄ってくるそいつらが不気味で、泣いた記憶があります。

あと、正確には入れ替わりじゃないですが、人格転移という意味で「入れ替わり」タグをつけています。
いいですよねえ、変身とはまた違った醍醐味で。

このお話用のイラストは、今のところ無いです。
見たい方がいれば、もしかしたら描くかもしれない。

※08.8.2追記→描いてみた

バイオハザード 2 ドラマアルバム ~生きていた女スパイ・エイダ~バイオハザード 2 ドラマアルバム ~生きていた女スパイ・エイダ~
(1999/04/21)
ドラマ、根谷美智子 他

商品詳細を見る


三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)三びきのやぎのがらがらどん―ノルウェーの昔話 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1965/07)
マーシャ・ブラウン、せた ていじ 他

商品詳細を見る

コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: おはなしのテスト

    >非公開さん
    次回かどうかは分かりませんが、greenback的にも素敵なシチュエーションなので、いずれ書くこともあるかと。
    ご意見ありがとうございました。

  3. 紅珠 | URL | EBUSheBA

    Re: おはなしのテスト

    ヤギの体で一生をすごさなくなるってのは、恐ろしいけれど観照的には美味しいですね(^^

    途中から人間の言葉で会話ができなくなるところが良いですね。
    言語をとりあげらるというのは、人としての尊厳を取り上げられるというのに近い感じがして、酷いのですが、そこに興奮を覚えます。

    ヤギは生で見た事はありませんが、以前、北海道にいった時に羊の群れは間近で見たことがあります。
    集団で動く彼らにちょっと威圧感を感じました。
    たぶん、向こうも同じ事を感じてるかもしれませんが(笑

    greenbackさんのイラストすごく、見たいです!

  4. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: おはなしのテスト

    >紅珠さん
    コメントありがとうございます!
    そちらの掲示板で「感想は後ほど」とかおっしゃってたんで、
    厳しい意見をいただいてしまうのかとドキドキしてたんですが、
    喜んでいただけたみたいで何よりです。

    イラストに関しても承りました。
    いつになるかはまだ見通しが立ちませんが、
    描いてUPしたいと思います。

  5. 紅珠 | URL | EBUSheBA

    Re: おはなしのテスト

    思わせぶりな、書き方しちゃってすみません。あのときは、ちょっと時間がなかったもので(^^;

    イラスト、楽しみに舞ってますよー(^^
    (ゆっくりとお待ちしてます)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenback.blog116.fc2.com/tb.php/7-04f27399
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。