FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『涙目王女』 その13

2008年11月24日 00:50

ちょっと更新遅くなってしまってすみませんです。
ぐずぐずしている間に、現在楽識さんから
リンクのお話を頂いておりました。

『EnjoyNow』

ご本人のブログで、
現在は仮面のメ○ドガイを下敷きにしたお話を展開中。
以前ウチに投稿いただいた『優先座席』を見ても分かる通り、
その妄想力・表現力はすばらしいものがあります。
これからの展開に期待大。
現在楽識さん、ほんとうにありがとうございました!


それでは、本編を。
今北さん用あらすじ
・なぜか姫自身の姿に変身した諸悪の根源・フリーダ!
・「今になって効果をゼロに戻せとかw
・バカなの? 死ぬの?」

最初から読む人は→1話へ

   ×   ×   ×

フリーダの――もうひとりのリヴェラ姫の口調が、
がらりと変わりました。
「引き出したら、その分残高が減る。
美しさだってお金だって、これは当然のことでしょう」
「なっ……」
「そして減った分を借りて補えば、その分利子が付く。
これだって当然じゃありませんか?」
「いや、でも……」
「でも、何です? 知らなかったから?
王族だから?
その、あなたの根性が甘っちょろいって言ってるんですよ」

まっすぐに、姫の胸元を指差して言い放ちます。

「あなた……あなた、
誰にものを言ってるのか、分かってるの?」
「分かっていますよ、少なくとも私は。
でも、あなたは? 私が誰だか分かってらっしゃるんですか?」
「え?」
「私はフリーダ。
いずれはこの世界の覇者となる魔王・エゴンのひとり娘です。
本日は、このシュレアルの国と
リヴェラ姫の全てを頂きに参上しました」
「なっ……」

次々に起こる信じられないできごとに、
姫の思考はほとんどフリーズしていました。
何?
何?
なに?
魔王の…娘?
邪悪なる存在が、この私の……目の、前に?
うそ。
嘘嘘嘘うそ嘘嘘……

「うそ」
「嘘ではございませんよ、リヴェラ姫」
「ひっ……人を、人を呼ぶわよ!」

ともすれば現実逃避をはじめようとする意識を
必死で押しとどめてリヴェラ姫はさけびます。
しかし、フリーダ……偽者のリヴェラ姫は動じません。

「結構ですよ」
「え?」
「でも、呼んでどうします?
全てをお話しになりますか?
私の正体を。
そのイヤリングの秘密を。
今のあなたの、本当の姿を」
「え…ええ、話すわ。私は騙されたんだから。
あなたには、元に戻る方法を教えてもらいます……力づくでも」
「騙されたとは心外ですね。
私は何も嘘は言っていないと思いますが」
「う、うるさい!
覚悟なさい……誰か、誰か来てえーっ!」

姫はドアを開け、思い切り大きな声で助けを呼びました。
その声が城に響き渡り、護衛団が姫の個室にかけつけるまで、
ほとんど時間はかかりませんでした。

「姫っ!
いかがなさいました……え?」

息せき切って部屋に入ってきたパブロたちが見たもの。
それは、寸分たがわぬ姿をした2人のリヴェラ姫でした。

「こ、これは一体……」
「助けてパブロ。
私の姿に化けているけど……こいつの正体は魔物よ!」

片方の姫が叫べば、

「嘘よ! 私が本物。そいつは偽者よ!」

もう片方の姫もまったく同じ声と口調で言い返します。

「何デタラメ言ってるのよ!ふざけないで!」
「ふざけてるのはあなたでしょ!」

今にも取っ組み合いをはじめそうな2人。
大変な事態が起こっているのは明白でしたが、
パブロにもこの場をどうやっておさめてよいか
判断がつきかねました。

本物のリヴェラ姫は、もどかしさにやきもきしていました。
まさか、パブロにも見分けがつかないなんて……
この調子では、ジオティやレオナルド王子、
はては両親にも分からないかもしれません。
一体、どうしたらよいのでしょう……
必死で頭を働かせていると、隣の偽者が口を開きました。

「パブロ、あなたにも分からないの?」
「あ、いや、その…」
「ああもうじれったい。
それじゃ、みんなを集めてちょうだい」
「え?」
「いくらなんでも、お父様やお母様
……それに、レオナルド王子ならわかってくれるはずよ」
「しかし……」
「じゃあ他に何か方法があるの?
今日は大切な日なんだから、
こんなことで台無しにしちゃいけないわ」
「え、ええ」
「分かったら早くして!」

そう高らかに宣言した偽者のリヴェラ姫。
彼女の目が、きらりとひかりました。


   ×   ×   ×

14話へ

ナニワ金融道 (1) (講談社漫画文庫)ナニワ金融道 (1) (講談社漫画文庫)
(1999/03)
青木 雄二

商品詳細を見る

コメント

  1. | URL | -

    ゆっくりフリーダさん可愛いですねw

  2. 現在楽識 | URL | -

    Re: 『涙目王女』 その13

    うぁぁぁ、本性まるだしだぁ……
    というか、魔女かと思ってたら、魔王の娘さんですか……こりゃかなワンw

    リンクのほう、アリがトウゴザイマス。

    ……フリーダさんに喧嘩を売るか、一緒にひと騒動起こしたくなりますねw

  3. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: 『涙目王女』 その13

    >11月24日 08:21コメントの方
    ありがとうございます。
    姫のやつも描きたいなあ。

    >現在楽識さん
    遅くなっちゃってすみませんでした。
    なんていうか、本当の本性(変な日本語だ)が
    どこにあるのか分かりずらい人なんですけどね。
    私の技量の問題もあるんですが、
    とにかく、まだまだ丸出しではないですw

  4. greenback | URL | xB9R6Xc2

    Re: 『涙目王女』 その13

    >11/26 17:11 拍手コメントの方
    趣味と実益というか。
    高じて仕事にしちゃった感じでしょうかw
    楽しんでやってるのは間違いないです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greenback.blog116.fc2.com/tb.php/73-c0c9c04d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。